今回のケースから化学物質過敏症の在宅での稼ぎ方について。

今回、自分はバイマで残念な結果に終わってしまった。ただ、バイマについては色々な情報が飛び交っているがノウハウや海外買い付けなど、手法さえ確立させてあとは根気で買い付けがついて評価がつくまで戦えれば何とかなるという所までは分かった。

つまり、検品や暴露などの問題はやはりあるけれど、自宅で防毒マスクを使いながら高い利益率で戦えて、キャリアやスキルなしで自活に一番近い働き方であるといえると思う

今回色々呟いてて、こちらのサイトではないですが同病者でバイマで活動してる人からのアドバイスや、勧める声などもあったりしました。なので案外やってる人は多いのかもしれません。

以下まとめていきたいと思います。

バイマはハイリスク、ハイリターン。

大抵、画像加工の仕事は上記のように公式の画像を加工してショップ名とブランドロゴを入れて、購入者の目に留まりやすいようにする仕事です。

ただ、この仕事から始めるとクライアントのアカウント停止問題に巻き込まれて玉突きアカウント停止なんて問題もありますし、IPと端末情報の問題からアカウント作成にあたり規約7条に接触して聞く耳持たずにバイマで出店できないなんて事がほとんどです。

しかもバイマの出店審査はメルカリやヤフオクと比べ物にならないくらい厳しいものです!

ウルフ
初心者が何も分からずにやったら、一発KOでアカウント停止間違いなしだぜ!

つまりやるとしたらコレでもかというぐらい、ブログをあさって情報を集めるか、怪しいコンサルに手を出すしかないんですね。

つまり売れたり海外買い付けなど、ノウハウ開拓によるリターンはおおきいけど、最初の段階で払うリスクは大きいものとなります。なので副業向きですが私のようにオール0のマイナスには向かないサイトですね。

今回のクライアントの全面バックアップがあって初めてできるかも?という世界です。

まあ玉突きでアカウント停止で終わりましたけどね(笑)

そして今後、バイマの入力代行の仕事は出来なくなりましたしね

 

バイマの解説ブログに関して。

バイマは日々状況が変わってきます。ブランドの偽者が混じっていたらそのショップでの買いつけは禁止になりますし、規約も変わっていきます。

そのため、書籍で勉強しようにも書籍自体が時代遅れになるのも時間の問題です。宅地取引の資格みたいなものですね。

ブログも同じでいつのもので、そのブログの作成者が現役ショッパーなのか、アカウント停止を食らってフランチャイズやセミナーで稼いでいるのか、この見極めも非常に大事です。

バイマは些細な事で二度と利用できなくなるサイトです。そのため、アカウント停止を食らってノウハウや買い付け先の人脈を生かして、初心者のバックアップに回って稼ぐやり方にチェンジする人も中にはいるんですね。

そちらに周ってバイマの研究や変更を追っている人ならいいんですが、そうでないなら危ないものがあります。

買い付け先の禁止リストから買い付けて、停止になってしまう。高い金でコンサルしてもらって、審査を通らない場合もあります。なのでハイリスクなんですよね。

そしてバイマはどうして停止になったか教えてくれないサイトです。なので、そうしたコンサルからアドバイスを貰うのは非常に危険であるといわざるを得ませんよね。

どうして停止になったのか、分析できているコンサルタントならまだしも、外注の入力代行の所為だと思っている人とかはもしかしたら?と思ったほうがいいでしょう。

ただし実際に代行の嫌がらせ、顧客の嫌がらせ通報など、実際にこれらの問題はあります。

なので心当たりがないけどもしかしたら?という要因は多々あるのも事実です。

そして問題はバイマの事務所は出品者向けの問い合わせ窓口はメールしかないんです。そのため返事が来るのが遅いし、釈明や理由を送信しても取り合ってくれるのが遅いんです。

停止中、無収入になるわけにもいかず、代行さんへの支払いもあります。これはバイマ的に問題ないとされているやり方ですが、一時的に家族のアカウントを作成してやり過ごして、連絡が来るまで待とうとするのが普通の思考です。

ただ身内の場合高確率で同居しております、そして同IP,同端末、同住所とそのあたりで成りすましを疑われて連鎖でアカウントが停止されてしまうのです!そして本アカウントも永久停止になるんですね。

そのため、一番は自分の目でその人を確かめる事!コレに尽きると思います。実際に話をして聞いて、質問をして不安などをぶつけて、私のような病気ならそれも含めて相談するといいでしょう!

それで信頼ができないと思った人は避ける!また、一対一で話し合う時間を取ってくれないコンサルクライアント、これは要注意です!抱えている案件が多すぎてフォローが雑だったりします。

出来るだけ一対一、スカイプなりLINEなり、できるだけビデオ通話で顔を見せて話してくれるクライアントと直接話すのをお勧めします。

 

化学物質過敏症者は重病になれば成る程、自活手段はハイリスクになる。

化学物質過敏症患者は本当に自活手段は限られてきますね。特殊なスキルやキャリアがあって、発病したならそれを生かして働くことも可能ですが・・・

学生時代に発症してスキルもキャリアもないままなら、もう詰んだようなものです。宝くじでも当たらない限り難しいでしょう。

今回のバイマでクライアントがバックアップをしてくれるという環境で、アカウントが連鎖で停止されていなければ恐らく私の最後の自活のチャンスであっただろうと思います。

そこでクラウドソーシングにおける案件について、アドバイスというか個人的見解です。

  1. 受ける案件は気をつけよう。

    吐いて捨てるほどある初心者向けのWEBブログ記事は問題ないでしょう。

  2. バイマの出品入力代行は気をつけましょう。

    将来、あなたが出品者として活動する時、道が閉ざされる可能性があります。閉ざされた道は二度と開きません。(実際、問い合わせ窓口もメールのみなので送っても返事は一切ありませんでした。

  3. クライアント自体が不安定な人も多い。

    一週間たらずで私は二人のクライアントが廃業に至ってます、そして中途解約です。

クラウドソーシングで何十万とか稼げてる人もいますが、あれらは本当に技術ありきの稀有な例だと思います。

 

報告できる成果がポイントサイトのみになってしまった!

そのまんまの意味ですね。一番稼げるのはポイントサイトかもしれません。

正直、バイマはリスクが高すぎてアドバイザー抜き、しかも信頼できてちゃんとした人じゃないとお勧めできません。

 

カズミ

安全策で利益をすてて長期的視点で回収率を度外視するなら、現役でトップのショッパーとかにコンサルしてもらうべきだけど。

利益率を意識して買い付け先までのバックアップを望むなら、停止になった人が自分の人脈を使わせてくれる事を期待するしかないよね。

後はあなたの考え方次第と、そのコンサルタントになるショッパーが信頼できるかどうかです。このあたり妥協せずしっかり、対話の中で見極めましょう。

ただ、同病者でバイマで活動している人がいるのは確かなので選択肢としてはありだとは思います、しかし厳しい世界だと思ってください。一度踏み外したら終りです。

バイマに関して振り返ります。

  1. 出品代行をやるつもりならバイマを諦めてやろう。
  2. 下積みを詰んでからとか甘い世界じゃない。(IPと端末情報で成りすましとか規約7条を疑われて停止に至る原因になります。)
  3. 一発勝負の世界。(最初の審査)

以上です。

そして私はもう自活を諦めて自販機の下の小銭を集める感覚で、収入を得ることを目標にしてますが、みなさんはそれらをヒントに収入を得る手段を見つけるのにどんどん活用してくださいね。

人の中で稼げない以上、在宅とインターネットで稼ぐ以外道はないと思います。多重合併なんてなろうものなら、身体を使って働くのも厳しいでしょう。

以上、バイマについて終わります。

これらの情報をヒントやキッカケにして、少しでも皆さんの現状打破に繋がる事を願っています。

 

この記事が役に立つ、多くの人に知らせたいと思ったらシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です