出店許可下りず。

報告だけします。

ショップの出店、許可がりませんでした。

アドバイスの元、商品の審査を受け登録を済ませて結果を待っていたのですが、どうやら代行時代に出入りしていた玉突きで私のIPとPCも監視対象というかNGリスト入りしてたみたいですね。

ここまで来たら言ってしまいますが、バイマの審査です。

どうやらクライアントの成りすましを疑われておわりました、もう自分のIPとPC、名前と住所は使えません。私もバイマに関わる事はできなくなりました。

以上!前回の記事で、明るい報告をしておいて心苦しい報告になりましたが、以上です。

バイマの出品代行の際はお気をつけください。そして私は今後代行として他のチームに入る事もできません。なぜならIPとPCの端末がもうアウトだからです。入った時点でそのクライアントのアカウントが停止される事でしょう。

人生、上手く行きませんね。折角海外の買い付けチームそのまま、利益率そのままで引き継いだ形で上手く体制維持!

オーナーを中心に盛り上げてフランチャイズ化の明るい将来もありえるかな?と見えてきたところで潰される。

そういやそういう人生だったの忘れてた、ということは私の宿命がクライアント、オーナーを巻き込んだのでしょう。申し訳なさでいっぱいです。

 

一夜を置いて、切り替えて考えてみる。

ただ、私が失敗したというだけで、同病者の独立のヒントにはなるかと思います。

利益を上げるために、海外での買い付けを工夫する、開拓する必要。ノウハウを掴む。沢山時間やコストがかかると思います。少なくとも私のような生活保護世帯にはできないです。

そして下手に代行からはじめて下積みを積むという手法は危険です。いざ始めようとしても、多重登録を疑われて7条に接触してあなたの名前と住所、IPアドレスと端末はマークされて二度とバイマに関ることは出来ないでしょう。

万全の体制を作り上げてさあ挑もうという段階だったら全て水の泡どころか、莫大な損失を出すハメとなります。

そのためバイマをやるなら、未経験でコンサルをかませての一発勝負以外ありません

個人的にはお勧めというかリスクが高いと考えますが、利益率と自宅でできる高収入を得られるジャンルの仕事と考えるとバイマはいい線を行くとは思います。勿論、怪しいコンサルが多いのでリスクは本当に高いのと、ショップが多いので買ってもらえるようになるまでが大変ですが。

バイマはささいな事でアカウントがなくなるものです、中には偽者を掴まされて停止するというとんでもないものもおりますが、そういう人がいるため、コンサルやフランチャイズにまわって利益を得ようとする場合、自分の仕入れ経路を使わせてくれたりバックアップを惜しまない人もいます。

上手くそういう人を見つけてお互い利用しあいましょう。

ただ新製品の検品などが絡むので、このアタリが本当に鬼門ですね。反応するしないの問題がありますから。

ちなみにアカウントを停止されても、嫁の名義で復活する人もいますが高確率で住所やIP、端末が同じと言うことで成りすましを疑われて規約7条でアカウント停止を食らうのが落ちです。

注意しましょう。

ウルフ
上手く行かなさ過ぎて、最近は過敏状態で警戒状態が続いている、リボトリールが一錠増えるぜ!
カズミ
ようやくわかった、画像の入れ方で初の呟きがこれって・・・

 

この記事が役に立つ、多くの人に知らせたいと思ったらシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です